お薦めの学習参考書 その1 数学1A基礎問題精講 旺文社

今日の午前中は町田のおっきな本屋さんに学参を仕入れに。Amazonでも買えるのだが、何か掘り出し物がないかな、という気持ちもあって書店に足を運んだ。

数学はとりあえず これ → 数学1A基礎問題精講 旺文社 です。これは新高3で看護系や栄養系の大学受験を目指す生徒たちの復習用です。

この参考書の特徴はこんな感じです。

https://amzn.to/2ETsjKV

1 レイアウトがとてもシンプル 例題、精講、解答、ポイント、演習問題が1ページor見開き2ページでまとめられていてとても見やすい。青色をメインにした2色刷りのデザインもとてもよい。効率よく学習出来る。

2 145題の厳選された問題 基礎問題を中心にセンター試験レベル、看護系などの易しい私大レベルの難易度の問題が並んでいる。新高1生が学校の学習と並行利用しても良いが、これから受験勉強をスタートする新高3生にとっては、先ずはこの一冊を2周~3周させて学習すること。それによって数学1Aの土台がしっかりとかたまる。

学習法 先ずは精講やポイントなど、何も見ずに問題を解いてみる。数分考えてもわからなければ精講をヒントに考えてみて、それでもわからなければ解答を参照する。解答をなぞったらすぐにもう一度解き直してみて、良ければ演習問題に進む。こんな感じで1周したら、つぎに同じことを繰り返して2周目の学習をする。2周したら、つぎは黙読での学習に進む。例題を見て頭の中で解法への道筋を思い描く。そして解答を読んでみる。こんな学習をできれば3ヶ月を目安でやっていこう。これが来春入試への第一歩になる。

今日はその他に何冊かの学参を仕入れてきました。時を見てその使い方もアップしていきます。